2014年12月4日木曜日

あと2日

おはようございます。

昨日今日と本気でさぶいですが皆さん風邪など大丈夫でしょうか?

あまりの寒さにこれでもかっ!!ってくらいに着込んで、ブクブクになって動きづらい格好での通勤です笑



HRCS2014まで残すところあと2日(今日を含めれば3日)となりました。
=NEUTRAL WORKSとしては作業完了していないといけない日時ですので、無事なんとか作業は完了し本日出荷のアイテムを発送し完了となります。
お待たせしてしまったショップ様ご迷惑おかけしました。お待たせしました。。。


ってな具合でギリギリで滑り込みと言う感じですが、なんとかイベントに間に合い少しだけホッとしております。。。


年末最後のイベント(ほぼ?)ともあり、一年の締めくくりみたいな感じで出店されるショップ様はもちろん海外からの注目もあるイベントで、皆さん気合が入っております。
FBなど見ていると毎晩遅くまで作業されているショップさんなども見かけます。


本当にお疲れ様です。




そんなこんなで、なんとか滑り込みと言う感じでしたが、今朝ありがたいことに加工させていただいたショップ様のブログでご紹介頂いたので、一部ですがご紹介させていただきます。
(本来僕達はあくまで下請け業務の際はお名前、過去のアイテム等こちらで紹介させて頂くことは基本的にしないのですが、先方のご好意で掲載OK頂きましたのでご紹介させていただきます)




横浜EVILACT様の新作Tshirts  'EVILACT × GAK TATTOO「bay area pirate」S/S Tee'






えっと、プリントと言っても多種多様の加工方法がある中から、今回採用させて頂いた手法は
’4色分解による着抜’と言う特殊プリントでございます。

なんのこっちゃぁって話ですので、興味ない方はスルーしてくださいね^^;




企画スタート時入念な打ち合わせを行い、頂いたグラフィックに’古い地図’の様なアレンジを加えさせていただき、試刷りを繰り返し見ての通りの素晴らしいプリントとなりました。

こちらのグラフィックの様なデザインを再現する場合いくつか方法(インクジェットプリント、カラーコピー転写)があるのですが、今回はよりブランドさんのイメージと着心地などを考慮し、濃色ボディーでも単色ボディーと同じ風合い(柔らかく、生地に馴染んだブリント)を出せる唯一の方法です。

4色分解
色の3原色(シアン、マゼンタ、イエロー)+黒を特殊なカラー分解を掛け、決まった順番、特定の刷り方でプリントする技法です。
(主にフルカラーでの写真プリント、色数の極端に多い場合、複雑なグラデーションなど)

着抜
書いて字のごとく、プリントで色をつけて、薬品で生地の染料を抜く技法です。
一定の蒸気量がないと抜け感にバラ付きが出てしまう為、量産不可、季節(特に夏場)によっても出来ないこともあります。




通常濃色(白地、アイボリー系以外を指す)に対してプリントをする際ダイレクトプリントはカラーをプリントする前に白のベタを下に敷きその上からカラーをプリントをします(昔からあるロックTシャツなど)が、いかんせん野暮ったく、貼ってつけた様になってしまう為、生地の風合いを殺さず、尚且つグラフィックアーティスト様の複雑なグラフィックを表現をするっていうのが今回の目標でした。


これを前後やっております。
まぁ贅沢なプリントです。基本的にお客様がそれでもやりたいってことがない限りここまでの事は殆どしません。。。値段も時間も半端ではありません笑





上記の様にごちゃごちゃ書いてドヤっ!って気持ちは全くないのですが、ブランドさんの製品に対する姿勢、お客さんに対する気持ちなどすごく素敵だなと思い、ご紹介させていただきました。



もちろん作業する中で自分達の知識経験として蓄積されるものも大きく、今後にうまく繋げていきたいなって気持ちでいっぱいです。


HRCSで展示販売されるようですので是非チェックしてみてくださいね! 


EVILACT港人さんありがとうございました!(お待たせしました^^;)








NEUTRAL WORKSの看板が届いてテンションブチあがっております!



60'sのアラジン ブルーフレームがを落札してブチ上がっております笑
クッソ寒い事務所に前から欲しかったのでホントうれしー!!





寒いですが皆さん風邪にご注意くださいね!

ではでは。



TOMO